AUTODESK

オートデスク認定
AutoCAD
プロフェッショナル

AutoCAD のプロとして実力を示そう。

認定資格試験の種類とその狙い

「AutoCAD プロフェッショナル認定資格」試験は、「最新の AutoCAD コース」を 400 時間程度使用経験のある方を対象としています。また、「オートデスク認定ユーザー」資格保有者の方にお勧めしています。試験内容は AutoCAD のツール、機能、一般的なタスクに関する知識を評価する内容となっています。

試験問題のタイプと合否判定

試験の出題数は 35 問。試験は、会場に用意された PC にあらかじめインストールされた実際のソフトウェアを使用して、実際に行います。問題の解答方法は実際にソフトウェアを操作して解答する実技形式がメインで、指示に従って PC を操作して問題を解き、解答します。
試験時間はトータルで 2 時間。終了しだい自動集計され、即座に合否判定されて結果が提示されます。

試験に合格するには?

プロフェッショナル認定資格試験は、実務における AutoCAD 利用に関わる知識と操作技術を問う試験であり、AutoCAD 使用経験は点数獲得のための重要なポイントとなります。試験準備を行なう場合は AutoCAD 使用に注力し、修得してきたスキルを生かして取組みましょう。また、オートデスク認定試験センター(ACC)で購入可能な認定試験対策本や、オートデスク認定トレーニングセンター(ATC)の試験対策講座の受講も有効です。

問題数
35 問
出題形式
実技操作
試験時間
120分(2 時間)
合格ライン
80 パーセント以上の正解率

どのような問題が出題されるのでしょうか?

試験は、会場に用意された PC にあらかじめインストールされた実際のソフトウェアを使用して行います。問題の解答方法は実際にソフトウェアを操作して解答する実技形式がメインで、指示に従って PC を操作して問題を解き、解答します。

では、実際の試験に沿った例題をいくつかご紹介しましょう。

例題:1

[マルチ引出線位置合わせ]コマンドを使用して1,2,3,4,8,9のマルチ引出線を、1の引出線を基準に0度方向へ位置合わせします。
同様に5,6のマルチ引出線を、6を基準にして90度方向へ位置合わせします。

4と6のバルーンの中心間の距離はいくつになりますか?

例題:2

既存の寸法を基準として並列寸法記入を行ないます。

1. [並列寸法記入]コマンドを実行します。基準となる寸法に寸法値150の長さ寸法を選択します。
2. 図のA,B,Cの3点に対して、水平方向の並列寸法記入を行ないます。

点Bに対する並列寸法の寸法値はいくらですか?

例題:3

(1)[尺度を追加/削除]コマンドを使用して、文字に1:100の注釈尺度を追加します。

(2)ステータスバーから注釈尺度を1:100に変更します。文字のモデル空間での高さはいくつになりますか?

以上 3 つの例題は、オートデスク認定トレーニングセンター(ATC)認定試験対策教材から抜粋したものです。この試験対策本をお求めの方は、受験を希望される試験会場でご購入ください。また、受験される方には、認定試験対策本の活用や ATC の試験対策講座の受講をお勧めします。

※例題ですので実際の試験問題とは異なります。

出題範囲

AutoCAD プロフェッショナルの試験範囲は以下の通りです。

テーマ 目的
オブジェクトの作成 線分と長方形の作成
縁、円弧と多角形の作成
正確な作図 オブジェクト スナップ トラッキングの使用
座標系の使用
等角図の作成
オブジェクトの修正 オブジェクトの移動と複写
オブジェクトの回転と尺度変更
配列複写の作成と使用
オブジェクトのトリムと延長
オブジェクトのオフセットと鏡像
グリップ編集
オブジェクトのフィレットと面取り
さらなる作図テクニックの使用 ポリラインの作成と修正
スプラインによるオブジェクト間の補間
ハッチングとグラデーションの適用
オブジェクトの構成 オブジェクト プロパティの変更
オブジェクトへの画層の割り当て
画層の表示コントロール
オブジェクトや画層へのプロパティの割り当て
画層プロパティの管理
既存のコンテンツの再利用 ブロックを使った作業
ブロック属性の管理
外部の図面やイメージの参照
図面注釈 文字の記入と修正
寸法の使用
マルチ引出線の記入と修正
異尺度対応スタイルの割り当てと修正
表の使用
レイアウトと印刷 レイアウトの作成
ビューポートの使用
印刷と出力のオプション設定

試験準備ガイド(PDF)

オートデスク認定資格プログラム 試験準備ガイド
AutoCAD® プロフェッショナル

PDFダウンロード(170 KB)

お問い合わせ オートデスク認定資格事務局 Mail:certification@myautodesk.jp

Page Top